美容専門学校に進むには|コースを調べておくべし

費用をチェック

学校によって異なる

化粧品

美容専門学校にかかる費用は学校によって違います。また、選択するコースによっても違ってくるので、まずはどんなコースに通いたいのか、希望を明確にしましょう。例えば、美容師になりたいのなら美容師の資格を取得できるコースを選択することになります。一方、最近はトータル的な美容について学びたいという人も増えてきています。美容師の他にネイリストやエステティシャンなどの資格も取得しておくと、美容関係の仕事ならトータル的に任せてもらえるかもしれません。一つ一つコースを選択して学ぶとなると、費用は当然かなりかかります。トータル的に最初から学べるコースを設けている美容専門学校を探した方が効率的です。それから、学校によって通う年数が違うこともあります。美容師の資格を取得するには、だいたい2年制の美容専門学校が多くなっていますが、その他の資格も取得するのならさらにかかります。この点は頭に入れておきましょう。それに、通信制を利用したり、夜間の美容専門学校に通ったりすると、これもまた年数や費用は違ってきます。少しでも安い費用で学びたいのなら、通信制が一番安く、お得です。その代わり、資格取得までは通学制よりも1から2年多くかかることがあります。全体的に美容専門学校にかかる費用は、130万円から150万円です。これは年間になります。ところが、学校によっては100万円以下で抑えられるところもあります。よく比較して決めましょう。

様々なコース

メイク道具

一口に美容と言っても、そのための施術には様々な種類のものがあります。そのため美容専門学校では多くの場合、施術の種類ごとに複数のコースが設けられています。ヘアスタイリストを目指す人のためのコースもあれば、エステティシャンを目指すことのできるコースもあるのです。さらには、ネイルアートやまつ毛エクステ、アロマテラピーなどの専門コースを設けている美容専門学校もあります。もちろんそれぞれのコースでは、プロフェッショナルになったことを証明するための資格を取得することが可能です。認定エステティシャンやネイリスト検定などの試験を受験し、高確率で合格できます。これらはいずれも民間資格ですが、美容専門学校の中には、美容師の国家試験の受験が可能になるところもあります。したがって美容専門学校に入学する際には、まずは自分の目的や進路をしっかりと考えることが肝心と言えます。そして夢を叶えるためのコースがあるところを選んで、入学するのです。また美容専門学校によっては、通信コースも用意されています。教材が定期的に自宅に届けられるので、それを使って学習を進めていくのです。課題提出やスクーリングが必要となることもありますが、基本的には場所や時間を選ばずにマイペースで学習できます。それでいて、カリキュラムによっては通学コースと同じように、資格の取得も可能となるのです。そのため通信コースのある美容専門学校は、日中の通学が困難な社会人や子育て中の主婦からも注目されています。

自分の目的に合うところを

メイクアップ

美容専門学校とは、主に美容師資格を取るための学校をさします。美容と一口にいっても幅広い内容があり、ヘアメイク以外にも、ネイル、エステ、フェイスメイク、ブライダルなど専門分野も多岐に分かれています。ですが、国家資格なのは美容師だけであり、どのような分野で働くにしても、美容師資格が必要なことが多いです。そのため、様々な美容について学ぶとしても、美容専門学校では美容師資格をとることをベースにしていることが多いのです。とはいえ、考え方や価値観が多様化している現代では、美容専門学校の種類もより多様化してきており、何らかの技術に特化した美容専門学校も増えてきています。学校を選ぶときは、何を学びたいか、将来どういう働き方をしたいかを考えて選ぶべきでしょう。将来の働き方が具体的にイメージできている場合でも、学びだしてみると別の分野に興味が出てくることもあります。その可能性もふまえて、選択肢が広くとれる美容専門学校を選ぶことは一つのポイントになります。通学型の専門学校にいく場合は、必修科目と選択科目に何が含まれているかをチェックしておきましょう。また、有名かどうかも一つのポイントです。有名だからといって教育の質が高いかや自分にあっているかはわかりませんが、卒業生が多いため就職時に有利に働く可能性は高くなります。自分のなりたい専門家がどういった美容専門学校を卒業しているのかを調べてみるのもおすすめです。

レベルに合わせたクラスに

ネイル

名古屋のスクールでは、ジェルネイルの技能検定試験に向けた学習ができます。もちろん初級から上級まで、自分のレベルに合わせてクラスを選択できます。初級ではネイルケアやジェルカラーリング、中級ではサロンワーク、上級では爪の補強などについて学習します。さらに、模擬試験などによる筆記試験対策も行われています。

もっと読む

専門学校との違い

女の人

ネイルアーティストとして大成するには、ネイルスクールに通って知識や資格を得るのが大事です。名古屋のネイルスクールは専門学校よりも敷居が低く融通も利くため、転職志望の人が多く通っています。どちらを卒業しても就職には有利なので、自分の年齢や生活スタイルに合わせて決定すると良いです。

もっと読む

憧れのネイリストに

チップ

ネイリストになってネイルサロンで働くには、多くの人がネイルスクールで施術を行う際に必要な学科や実技を学んでいます。ネイルスクールではネイリスト資格を取得できる様に、プロのネイリストの講師によるきめ細やかな指導が受ける事が出来ます。

もっと読む